「NISA口座の金融機関を変更する際の」メリット・デメリットや注意点

株式投資での失敗経験

「NISA口座の金融機関を変更する際の」メリット・デメリット

初心者モモ
初心者モモ

NISA口座をA証券で開設したんだけど、買いたい株がB証券にしかないので、B証券に変更したいのだけど、それって可能なのかな?

ジャグ男
ジャグ男

NISAを運用する証券会社を変更することは可能だよ!ただ、証券会社を変更するとロールオーバーできなくなるから、その点に注意してね。

NISAが創設された2014年には、一度NISA口座を開設すると2014年1月1日から2017年12月31日までの4年間は金融機関を変更することができませんでした。

しかし、2015年からは制度が変わり、1年に1回、NISA口座を開く金融機関を選択し直すことができるようになっています

同じNISAでも金融機関によってサービス内容や扱う商品やその数に違いがあるので、始める前にはよく比較検討することが大切です。目についた金融機関で安易に開設してしまうと、後で「あの証券会社で開設したほうがよかった」などということになることもあります。

そんな事態はできるだけ避けたいですが、そんな場合には、1年に1回金融機関を変更することができます。

金融機関変更のメリット

金融機関を変更することで、対象とする商品の幅を広げたり、より安い手数料にすることができます。NISA投資は、長い付き合いになることも多いと思いますので、問題があるなら思い切って変更するのが吉かと思います。

取引商品の選択肢が拡大する

NISA口座を置く金融機関を変更することによって、下記の様に、投資できる商品の幅が広がる可能性があります。証券会社ごとに取り扱い商品が異なるので、事前に調査しておきましょう。

  • 少額での取引が可能な口座がある
  • NISA口座変更・新規口座開設による、お得なキャンペーンが存在する
  • NISA口座で米国株取引やIPO投資にも挑戦できる

NISA口座は証券会社だけでなく、銀行でも開設できます。ただし、銀行では株式を扱っていないので、購入できる金融商品が投資信託などに限られています

さらに、投資信託自体の数も多くありません。もし、現在NISA口座がある金融機関の商品ラインナップに不満がある場合は、金融機関を変更することで選択の幅を広げることができます。

手数料が割安な証券会社を選択することができる

NISA取引時の手数料は、金融機関ごとに異なります。特に銀行や、対面で売買をする金融機関では、取引手数料が高額になる傾向があります

一般的に、ネット証券は手数料が低く、ネットが繋がればどこからでも売買が可能です。ネット証券会社の選び方について記事にしていますので、ご参照ください。

金融機関変更のデメリット

金融機関を変更する際、最も気を付けるべき点は、ロールオーバーです。金融機関を変えてNISAで投資する株式を引き継いだ場合、ロールオーバーが出来ません変更する場合は、一度売却することも検討するべきです

金融機関を変更すると、期間の延長(ロールオーバー)ができない

ロールオーバーとは、5年間の非課税期間が満了した後に、翌年のNISA非課税投資枠にその金融商品を移して、非課税期間を5年間延長することです。

例えば、2015年にNISA枠で購入した株式は、2019年で非課税期間が終了します。その後は課税口座に払い出しをしたり、株式を売却したりして譲渡益を得てることもできますが、2020年のNISA枠に移して2024年まで再度非課税にすることも可能です。

しかし、ロールオーバーができるのは同じ金融機関内だけで、金融機関を変えた場合は延長できません

金融機関を変更した後にロールオーバーしたければ、2020年からNISA口座を再びA銀行に変更しなければいけません。ただし、2020年分のNISA投資枠をすでに一部でも利用していれば、2020年分の口座変更は認められません。

NISAのロールオーバーについては以下の記事を参考にしてください。

NISA口座の金融機関を変更するための手順

では、実際NISA口座を置く金融機関を変更するには、どうしたらいいのでしょうか。具体的な手順について解説します。 

NISAは1年に1回、口座を置く金融機関を変更することができます。時間もかかるし手続きも面倒なので、早めの行動が肝要です。

  1. 現在口座がある金融機関に変更を依頼し、「金融商品取引業者等変更届出書」を送付してもらいます
  2. 必要事項を記入して提出すると、「非課税管理勘定廃止通知書」が発行されます(申し込みから発行まで約1ヵ月かかります)
  3. 新しくNISA口座を置きたい金融機関に口座開設を申し込みます
  4. 「非課税口座開設届出書」が届きますので、必要事項を記入し、すでに発行された「非課税管理勘定廃止通知書」と一緒に提出します

NISA口座の金融機関変更で注意点

注意したいのは、金融機関を変更できる時期です。その年にNISA枠を利用して投資を行ったかどうかによって変更できる時期が異なります。

  • 変更する年度の1月以降一度もNISAを利用していなければ、9月までに変更を申し出ることで、口座を変更できます
  • 1月以降すでにNISAを利用して投資していた場合、当該年度のNISA口座の変更はできませんその場合は、翌年にNISA口座を変更することになります。翌年の口座変更は、当該年度の10月から申し出ることができます。

NISAの効果を最大限に発揮するためのポイントをまとめていますので、ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました